演題発表について

発表に関しては応募要領p11~12に記載していますのでご確認ください。

演題発表形式

口演またはポスターのいずれかとなります。演題採否通知後、本ホームページ上にて発表方法とその詳細をお知らせしますので、必ず確認の上、発表の準備をお願いします。

口演

  • 会場とWeb配信を併用してのハイブリッド形式で開催いたします。
  • 口演スライドは、Microsoft Office PowerPointのみとします。
  • 下記がインストールされたパソコンをご用意いたします。
    OS:Windows10
    アプリケーション:PowerPoint 2019(Windows版)
  • サイズは「4:3」としてください。ワイドサイズは左右が切れて映写されないことがありますので使用しないでください。
  • アニメーションや動画はうまく作動しないことがありますので、原則として使用しないでください。

ポスター

  • ポスターはオンデマンド形式での発表といたします。
  • 配信期間は、10月2日(土)~10月30日(土)までとなります。
  • ポスターは、【研究発表】【症例報告】【業務改善報告】の各テンプレートを参考に準備してください。
  • ポスターについては、当日のみ質問を集めます。
    10月4日(月)頃、質問事項をお送りいたしますので、学会事務局宛に10月9日(土)までに回答を返信してください。
  • 質問事項への回答については、10月30日(土)までホームページ上に掲載いたします。

注意事項

  • 資料(パンフレット・用具等)を会場内で配布および販売することはできません。
  • 会場内における写真の無断撮影は禁止です。
  • 筆頭演者が発表してください。原則として変更は認められません。やむをえない事情が発生した場合は、必ず長野県看護研究学会事務局に申し出てください。ただし、抄録に掲載されている共同研究者以外が発表することはできません。
  • 発表に際しては、発表者自身がスライド操作やポインター指示を行ってください。
  • 発表資料作成にあたっては、応募要領(PDF)P.20~22「研究における倫理的配慮とその記述方法」も必ずお読みください。

利益相反の自己申告について

看護職の研究では衛生用品、薬剤、器材等の商品を使用した研究がよく見られます。当該演題に関連した商品の企業等との関わりについて、利益相反を報告してください。

申告方法

  • 自己申告の具体的な方法は、下図のとおりとなります。
    利益相反がない場合でも、ないことを明示してください。
▲利益相反がない場合(クリックで拡大)
▲利益相反がある場合(クリックで拡大)
  • 口演では発表の最初に(タイトルスライドの次に)明記してください。
  • ポスターでは右下に明記してください。
  • 開示対象の項目など、詳細については応募要領(PDF)P.11~12をご確認ください。

発表演題の論文集への投稿について

第40回長野県看護研究学会で発表した研究は、論文としてまとめ、当該年度の長野県看護研究学会論文集へ投稿することができます。
詳細は後日、本ホームページに掲載予定です。

コメントは受け付けていません。